予防歯科・クリーニング

予防歯科とは

予防歯科とは、むし歯になってから治療するのではなく「痛くなる前に予防する」という考え方です。
そのためには、歯科医院でのプロフェッショナルケアと、自宅で行うセルフケアが大切です。
セルフケアだけでは、歯垢や歯石を完全に取り除くことができません。
歯科医院で、定期的にPMTCや口腔内診査などの検診を受けていただき、むし歯や歯周病にならない健康な歯を維持していきましょう。

予防歯科で大切なことは3つです。

自宅でできるセルフケアプロフェッショナルケア
1.フッ素を口内に残す
  • フッ素配合歯磨き剤を使う
  • すすぎ過ぎない
・フッ素塗布…高濃度のフッ素を塗布してむし歯を予防します。
2.歯垢を残さず落とす ・歯ブラシで歯の一本一本を丁寧に磨く ・デンタルフロスを使って隙間の歯垢を取り除く
  • ・スケーリング…スケーラーという器具で歯石を取り除きます。
  • ・PMTC…セルフケアでは落としきれていない歯垢を専用機器で落とします。
  • ・歯みがき指導…歯みがきに自信がある人でも、意外に磨けていないことが多いです。ひとりひとりのお口に合った歯みがきの仕方をお教えします。
3.細菌を増やさない ・デンタルリンスなどの殺菌剤で口内の隅々まで洗浄する
  • ・口腔内診査…歯や歯ぐきの状態をチェックします。口内細菌の数も調べます。
  • ・シーラント…歯垢が残りやすい歯の隙間などを、あらかじめ樹脂などでふさいでむし歯を予防します。

歯のクリーニングPMTC(ピーエムティーシー)

PMTC(ピーエムティーシー)について

歯のクリーニングであるPMTCとは、歯科医師や衛生士といった専門家が(Professional)、専用の器械を使用して(Mechanical)歯を(Tooth)磨く(Cleaning)ことです。
きらら歯科では歯のクリーニング・歯石の除去の際に患者様に都度行わせていただいている処置です。

歯や歯肉を傷つけない専用の機器(ラバーカップなど)を使い、普段の歯磨きでは落としきれない汚れを除去し、表面をツルツルに磨くことで歯垢がつきにくくなり、虫歯や歯周病の予防になるというメリットがあります。
クリーニングのため、全く痛みなどはなく、お口がスッキリし気持ち良いと患者様に良くいわれる処置になります。

予防歯科

バイオフィルムも除去できます

PMTCは歯の着色(ステイン)を取るだけでなく、バイオフィルムという細菌の固まりも除去することを言います。
そのためPMTCを行うことにより虫歯や歯周病を予防することができます。
口腔内のプラーク(歯垢)はバイオフィルムの典型例といわれています。
虫歯も歯周病もバイオフィルムによる感染症の一つです。

予防歯科

歯周病は日本人の国民病?

日本人の歯を失う原因第一位は、虫歯ではなく歯周病。成人の約8割が感染、もしくは予備軍とされており、国民病とさえいわれている病気です。
誰もがかかっている可能性がある歯周病のこと、あなたはどれくらいご存知ですか?
歯周病は歯垢(プラーク)内に生息する歯周病菌が、歯ぐきなどの歯周組織に炎症を起こす病気です。
初期段階ではほとんど自覚症状がないため、症状に気がついたときには、顎の骨が溶けるほど進行していることがあります。
最終的には顎の骨が歯を支えきれなくなり、歯が抜け落ちることすらある恐ろしい病気です。

上記チェックリストに一つでも当てはまる、心当たりがあるという場合は、歯周病になっている可能性があります。
早めの検査・治療が大切ですので、気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

歯周病の進行段階

進行段階 症状
【 歯肉炎 】
歯肉炎
歯ぐきに炎症が起きている状態。
ブラッシングの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm以下のことが多いです。
【軽度歯周炎】
軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たすることもありますが、症状を感じないことが多いです。この段階までにで進行を止めることが重要です。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。
【中等度歯周炎】
中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつくこともあります。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。
【重度歯周炎】
中等度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

お口の中だけの問題ではありません

歯周病はお口の中の歯周組織に炎症を起こす病気ですが、歯周病菌が血管内や気管を通じて全身に影響を与えることがあります。
歯周病菌が原因となって、命にかかわるような身体のトラブルを招くこともあるのです。
歯周病菌が血管内に入り込むと、血栓を作りやすく、心筋梗塞や狭心症といった心疾患、脳梗塞などの疾患を引き起こすことがあります。
また、高齢者の誤嚥性肺炎などは歯周病菌が原因の場合が多く、お口のケアによってその危険性が低くなることがわかっています。
さらに、免疫力が関係することから、糖尿病とは深い相関が指摘されています。
このようなことからわかるように、歯周病はお口の中だけの問題と考えず、全身の健康にも関係する重要な病気であることを意識しておきましょう。

  • 歯周病は次世代まで影響を及ぼす!?
    特に気をつけてほしいのが、妊娠中の女性。
    妊婦さんはホルモンバランスの変化から体調を崩しがちですが、口腔内環境も悪化させることが少なくありません。
    さらに免疫力の低下などから、歯周病を発症しやすいのです。

    歯周病になると炎症を抑えるための免疫機能が働きます。
    このときに身体から出るサイトカインという物質は、子宮に陣痛のような収縮を引き起こすことがあります。
    そのため、妊婦さんが歯周病になると、早産や低体重児出産といったトラブルを招きやすくなるのです。

    妊婦さんはお腹の赤ちゃんのためにも、いつも以上に口腔内ケアに気をつけましょう。
  • 歯周病は、痛みや違和感が出たときには、かなり進行していると考えられます。
    早めにご相談いただければ、麻酔を使うような大がかりな治療にはなりません。
    また、歯周病によって歯を失ってしまった場合も、しっかりと歯周病の原因を取り除いてからでなければ、他の治療は行うことができません。
    早期発見・早期治療のためにも、気になることがあればお早めにご来院ください。

歯周病の治療

  • 1.歯ブラシアドバイス
    現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解した上で、正しいブラッシング方法を学んでいきます。
  • 2.スケーリング(歯石取り)
    歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したものです。
    歯に付着しておりそれ自体の病原性はありませんが、表面がでこぼこしていて、歯垢が付きやすいため、一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。
  • 3.歯周外科治療
    歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合には、ポケットの外から器具で歯垢や歯石を取り除くことは不可能です。
    このような場合には、歯肉を開いて歯根を露出させ歯垢や歯石を取り除きます。
  • 4.メンテナンス
    治療が終わった後に継続して、良い状態を維持することをいいます。
    そのためには、歯科医師のチェックと歯科衛生士による専門的なお口の清掃(クリーニング)を定期的に行います。
    最低でも半年に1回は定期的にチェックを受けましょう。進行した歯周病の治療が終わった方は、1~3ヶ月のサイクルで来院し安定した歯茎の状態を管理していくことが大切です。

東京都千代田区神田三崎町3-6-12神田三崎町ビル1F

03-3511-3311


PAGE TOP

">